音楽

『きみが気高い孤独なら』 by佐野元春

ホントに、歌で泣かされたのは、久しぶりだ。

新宿のオープンマイクで見た「縄文デュラン」さんに聞いた、この歌。

もう数年前のリリースだけど。

https://www.youtube.com/watch?v=yzRdvfhJR0k




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うた「人間の時代」

  『人間の時代』

夜明けだと知るのは この星に立つもの

巡る星、巡るときの かたすみに あるもの

新しい朝には 新しいまなざし

その陽が上り切るまで 待ちわびる思い


一瞬の閃光が 永遠(とわ)を照らし

宇宙丸ごとを 思わせる

そしてすべてが

瞬間のあなたに結ばれる

 

   人間たちの 時代いま流れる

   その初めから終わりを 見通す まなざしよ

   何が私を ここに息づかせる

   この地 この空間と

   この時代の中

 

見あきた毎日 繰り返される景色は

何十億光年を 折り返すところ

人は人 鳥は鳥 星は星であらん

そのことが物語を 真実に導くだろう

 

   人間たちの 時代いま流れる

   迷いや過ちも この時代の彩り

   私の道を 迷い探りながら

   これが私ぶんの 時代と掲げよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うた 『もっと自由に』

 

  『もっと自由に』

 

1 体が不自由と言えば

人並みに劣るということ

いつも感じる不自由さは

こころの話なんだろう

 

不自由がもし心なら

人並みの不自由かい

その不自由な仕草

不自由なその表情

 

  奴隷じゃないぜ

  自立してるぜ

  生きたいように

  生きれるはずさ

 

もっと自由に(解き放てよ)

もっと自由に(空に届けて)

もっと自由に(時間よりはやく)

もっと自由に(今より次へと)

 

2 そりゃあ秩序を守るため

規則や習いは必要だ

だけど縛りつけるのは

誰かの差し金ばかりじゃない

 

どうしてサボれないんだろう

どうしてサスラわないんだろう

どうして息が切れるまで

どでかい声で歌わないんだ

 

  何かじゃないぜ

  自分自身だ

  自分自身を

  縛りつけるは

 

もっと自由に(自由のために)

もっと自由に(必要なもの)

もっと自由に(何が自由を)

もっと自由に(縛りつけるか)

 

もっと自由に(それを見出す)

もっと自由に(それを見据える)

もっと自由に(ちゃんと見据えて)

もっと自由に(そのアリサマを)

 

もっと自由に

もっと自由に

もっと自由に

 

もっと自由に

2016.6.17
(曲もついています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拓郎を見てきたんだ

きのう、29日(月)は、横浜へ行って、吉田拓郎のライブを見てきた。

たぶん、拓郎のライブは2回目。
10年以上もたって、久しぶりに拓郎の息吹に触れてきた。
といっても、3階の一番後ろからだけど(笑)。

時代なのか、ミックスが、ボーカルが前面に出ていて、
とても聞きやすかった。
今風とは違う。
拓郎も、声量があって、気持ちよく聞けて、そしてうれしく思った。
まだ、もうちょっと大丈夫じゃないか??(笑)

まあ、いま、会って話をしてみたいのは、
谷川俊太郎さんと拓郎くらいか?

その息吹を、温かいと感じた。
言いたい放題、自由奔放の彼でも、
泉谷やこうせつなど、慕う人は多い。
その理由を感じた気がした。

「やさしさ」とか「ぬくもり」とか、
それはまた、人により捕らえ方も表現も千差万別。
端的に言って、ボクは拓郎流が好きだ。

柴田とよさんも言っている
「ニセモノの優しさは、吐き気がする」

いやいや、「やさしさ論」など、どうでもいいのだ。
今はまだ、語らず、で行こう。

拓郎、
温かい息吹をありがとう。
愛してるぜ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ビートルズが教えてくれた」

みんなに連絡できていないけれど、facebookの方は、退会、というのか、アカウント停止しました。もう、検索したりできないし、友達リストにはありません。
アルバムなんかも、消えたかな?シェアしてた人は、すみません。写真を指定してもらえば、差し上げます。

ちょっとね。もともと、人付き合いが苦手だから、SNSも、苦手なのかな。

最近、ビートルズ好きの人との交流の中で、ビートルを和訳してみよう、ということにハマッテいる。
とくに、スタンダード。みんな知ってるけど、和訳のなさそうな奴。
相変わらず、自画自賛で、自分的には満足している(笑)。
それはともかく、この作業(和訳)が、なかなかおもしろい。

今のところ、以下の三作。

    昨日(Yesterday)

昨日  何事も なかった
なのに 今 どうして
昨日よ 戻れ

突然  訪れた 暗闇
僕 を覆い尽くす
昨日よ どこへ

どうして 君は 去っていったの
ただ昨日を 思い焦がれる

昨日 恋はゲームのように
楽しむだけのもの
昨日よ 戻れ

どうして 君は 去っていったの
ただ昨日を 思い焦がれる

昨日 恋はゲームのように
楽しむだけのもの
昨日よ 戻れ



  LET IT BE

心の闇にさまよう 私の前に 
マリア様が現れ 言うよ

思い悩まなくていい そのままでいい 
マリア様の言葉は Let it Be

なるがままに あるがままに
私にささやく Let it Be

引き裂かれた愛も よみがえる時が 
訪れるだろう Let it Be

恋に破れ 希望 見失うときも 
生き続けるよ Let it Be

なるがままに あるがままに  
答えとなるは Let it Be

なるがままに あるがままに  
私にささやく Let it Be

【間奏】

なるがままに あるがままに  
私にささやく Let it Be

雲の立ち込める 暗い夜空にも 
なお 輝きが見える Let it Be

聞こえ来るあのメロディーが 夜明けを告げる 
マリア様が言うよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
答えとなるよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
答えとなるよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
私にささやくよ Let it Be



   「アクロス・ザ・ユニバース」

言葉あふれて 止まぬ雨のしずく
流れ 滑り行く 宇宙の向こうへ
悲しみ 喜び いつもこのボクの
こころ彩るよ

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を
変えるものはない
ボクの世界は
決して変わらない

光たちのダンス 百万の瞳
ボクを呼び続ける 宇宙の向こうへ

心に浮かぶ ボクの思いたちが
休みなく行き交う 宇宙を越えて

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を
変えるものはない
ボクの世界は
決して変わらない

笑い声 命の影 この景色に鳴り響いて
力強く誘う
尽きない愛は 輝き続けて
いつもボクを呼ぶよ 宇宙を越えて

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を変えるものはない
ボクの世界は決して変わらない

Jai Guru De Va Om
Jai Guru De Va Om
Jai Guru De Va Om



これらは、世間にはどれほどの価値があるか知らないが、
ぼくにとっては、重要な軌跡である。

そして、明らかに、他人との出会いによって生まれた。

何かに出会わなければ、何も生まれないのだろう。

だけど、「出会いが、出会いが、  」

なんて唱えてると、昨今の「つながる症候群」ではないが、
言葉が形骸化してしまう。

ただ、ひとつの実体験として記す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

峡東CATV番組「ぼくらの宇宙教室」

5月から、山梨県・峡東CATVで始まった「ぼくらの宇宙教室」という番組に、ぼく、ソリタリョウのオリジナル音楽が使われている。うれしい(笑)

峡東CATVと言っても、塩山と大和しか映らないらしい。

塩山市の、熱血おじさん、宮川 広さんと、縁あって知り合い、彼から新番組の音楽を担当しないか、と誘っていただいた。

宇宙に詳しい宮川さんの監修で、30分の宇宙情報番組「ぼくらの宇宙教室」が作られ始めた。

その宮川さん、現在チリに出張中で、アルマ望遠鏡の製作に関わっている。

そこからメールで峡東CATVのディレクターさんとやりとりをしながら、番組作りをしている。


ぼくの既存の曲「宇宙旅行へ連れてって」、
「宮川宇宙教室」(宮川さんは、以前から塩山の公民館などで、子供たちを集めて「宮川宇宙教室」をなさっている。以前にそのテーマ曲を作らせていただいた。)、
「満天の星」の3曲に加えて、今回この番組に寄せて、もう1曲書き下ろした。

「ウチュウ・ワルツ」という3拍子の曲。

この峡東CATV製作の番組「ぼくらの宇宙教室」は、すでに第1回の放映が終わっている。
5月7日(月)~11日(土)間での5日間、毎日5回も放映されたらしい。
6:30/10:00/15:00/19:00/22:30
このようなタイムスケジュールだったようだ。

だから、第1回だけで、25回放映されたことになる。

第2回は、おそらく6月になってから放映されるらしい。



では、本邦初公開、「ウチュウ・ワルツ」をお楽しみください。

http://sorita.art.coocan.jp/kataribe/uchuwaltz.mp3

  『ウチュウ・ワルツ』

              作詞・作曲/ソリタリョウ

少年のような眼差しで
遠い彼方を見つめ続ける
あなたの情熱のワケ 思えば
それこそが生きるということでしょう

  夢をください この広がりよ

  私を包む この宇宙よ

か・ろ・や・か・に

ウチュウ・ワルツを 踊りましょう

くるり回って そこでステップ

ムチュウで命 燃やせば

ほら

明日(あした)が また招いているよ

どんな時代も どんな社会にも

輝く星のような あこがれで

明日(あした)の世界を描き続ける

ウチュウのトモシビがあります

  広がる宇宙 まわる星たち
  あなたが踊る 命踊る

は・れ・や・か・に

ウチュウ・ワルツを 踊りましょう

ウチュウ・ワルツに いつもムチュウ

ムチュウで踊る あなたに

いくつになっても 夢はさめない

ラ・ラ・ラ・ラ・ラ

ラ・ラ・ラ・ラ・ラ


ウチュウ・ワルツを 踊りましょう

ムチュウ・ワルツを 踊りましょう

イノチ・ダンスを 踊りましょう

この果てしない ぼくらのステージ



          宮川 広さんと、新番組「ぼくらの宇宙教室」に贈る


                    2012年4月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/19(土)「第2回ビートルズ・フェスタ」、ザ・ソリビーツは18:00~

「ビートルズ・フェスタ」

来たる5月19日(土)昼より、敷島総合文化会館にて、「第2回ビートルズ・フェスタ」が催される。

入場無料!! 入退館自由!

昼過ぎから夜まで、なんと6時間あまりの、ビートルズの競演。

出演12バンド。みんなビートルズか、それ関係の曲をやる。

ぼくは、今回のために、「ザ・ソリビーツ」を結成。ソリタリョウ(ギター&ボーカル:53歳)+牧本龍郎(6弦エレキベース&コーラス:22歳)+大久保俊臣(ギター&ボーカル:21歳)。

才能と情熱の若きお二人の協力を得て、どんなビートルズになるか、乞うご期待!

              出演グループ(出演順)

司会  望月 清美

      Opening Ceremony 

   1  求カノJAPAN        13:0013:15

   2 こなきとその一味         13:2513:40 

   3  The Beatfuls         13:5014:15         

   4  Song Remains             14:2514:40

  5 Tail & Nose                14:5015:15

6  Winqs              15:2515:50

7  モロモニ             16:0016:15

 

                休憩  Rest

  8  ラバーレス     16:2016:45

  9  マイルストーン           16:5517:15

   10  The Beatlet’s           17:2517:50

  11  ザ・ソリビーツ              18:0018:30

  12  The Beatless     18:3519:15     

  Closing Ceremony   みんなでヘイ・ジュード  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(続)ザ・ソリッツ

清志郎の「ようこそ」が頭ン中、回る  (^^♪

『おいら友達を集めて、バンドをやってるのさ。

馬鹿な頭で考えた。これはいいアイデアだ。

イカレタ奴らが集まって、演奏が始まってるぜ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月の二つのライブの記録

1月8日(日)小林孝一くんの誘いで、長野県飯田市の「のんび荘」というところで歌わせていただいた。なんか、オヤジ関係の集まりらしい。よくわからなくて、失礼。

10人(組)くらいが集まって、2曲回しで歌いました。2巡でオイトマしました。(遠いので)

ソリタリョウ セット

一巡目 「20世紀からやって来た」「ひかりのエール」

二巡目 「どんな歌も歌うことができる」「夢見るオヤジのブルース」

以下が記録の写真です。

今月、もう一つ
好例 第三日曜日 アコナイト@カフェ・パストリアス
7周年もすぎて、第86回だそうだ。
ソリタリョウ セット
  「歯を磨こう」「どんな歌も歌うことができる」「人生は楽しいかい」「Don't worry , Be happy (カバー 訳詞・ソリタリョウ)」
こちらがその記録の写真集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第86回アコナイト@カフェパストリアス

第86回アコナイト

出演者のみなさまです。

★ヤマシタクミコ(キーボード弾き語りパンクロッカー)
★レレ・デ・ビビットルズ(ウクレレビートルズ)
★Lyco(アコナイト空気清浄人:アカペラ女子)
★そりたりょう(みかんありがとうございます)
★Formosa(ギター職人&パーカッション職人)
★飛び入りキャモーン!

※※※
今年最初のアコナイト
みなさま遊びにいらしてください。

1月15日
カフェパストリアス
20:00スタート
チャージ1000円(ドリンク別途)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧