« 今年の年賀状に代えて | トップページ | 4/2(土) アコパラ予選@イオン島村楽器内で »

詩作 『吐息』

   『吐息』

1 生きているなら わたしは息をするよ

  それはわたしの熱をもち
  それはわたしの燃えカスで

  木の実が鳥を誘うように
  落ち葉が森を肥やすように

  わたしも生きていいですか

2 生きているなら わたしは歌を歌うよ

  それはわたしの持つ意思で
  それはわたしの高まりで

  カエルが雨に浮かれるように
  猫が春をにぎわすように

  わたしも生きていいですか

3 生きているなら わたしは夢を描くよ

  それはわたしの過ぎるとき
  それはわたしの造る明日(あす)

  わたしがわたしを造りだす
  わたしのときが生まれくる

  わたしも生きていいですか

        2002.1.31~

 

|

« 今年の年賀状に代えて | トップページ | 4/2(土) アコパラ予選@イオン島村楽器内で »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/63352634

この記事へのトラックバック一覧です: 詩作 『吐息』:

« 今年の年賀状に代えて | トップページ | 4/2(土) アコパラ予選@イオン島村楽器内で »