« 『生まれたばかりの』 | トップページ | 世界を変えることは、できますか? »

政治の話題  『孫子の代まで、謝り続ける』

 

阿部さん、『戦争法樹立』ということで、かなりたたかれている様子もあるが、
『慰安婦問題について、孫子の代まで謝り続けるということは、なくしたい』
という趣旨のもと、韓国と同意を得たのは、ひとつ、功績だと評価したい。

もちろん、時間が過ぎたからと言って、過去の汚点を消してゆくべきではない。
だけど、この問題に関して、韓国は、日本に対して、忘却しそうなので反省を喚起する、
というよりは、ただ外交の手札に使っているように見えた。
そこに、本来の視点とのずれを感じている人は多かったと思う。
それでも、百歩譲って、根源的な怒りが消えうせない、とするのなら、
加害者はどうなすべきか。
まず、第一感が、日本側がきちんと謝っていないのではないか、
うやむやのまま、けじめがついていなかったのではないか、という疑い。

政府の見解としては、賠償金も過去に払って、けじめはついているということらしい。
しかし、こういうことのけじめというのは、難しかろう。
経済的な賠償が、いちばん思い当たる償いではあるが、
『同じ道をたどらない』という反省もある。

前述の『戦争法』といった、わが国与党の動きを見れば、
『そこに反省は生きているか』と責められても仕方ない。

ボク自身は、日本国民の意識として、『戦争を忌み嫌う』というのは、
まだまだ多数のように見える。
これについては、世界中に胸を張りたい。

ただ、もう一度、阿部さんの想いに立ち返ってみると、
『孫子の代まで、謝るようなことはさせない』と言いながら、
じゃあ、対アメリカとの関係は、どうなんだ?? と聞きたい。

どう見たって、隷属関係。物言えぬ相手。
これは、孫子の代まで続いていいのか。

阿部さん、右寄りなら、きっとよく分かってくれるだろうが、
対アメリカの態度の中、ボクら日本国民の誇りは、どう考えればいいの?

孫子の代まで続かせますか?
と聞きたいのです。


  

|

« 『生まれたばかりの』 | トップページ | 世界を変えることは、できますか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/63098034

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の話題  『孫子の代まで、謝り続ける』:

« 『生まれたばかりの』 | トップページ | 世界を変えることは、できますか? »