« 詩作「震えるボクら」 | トップページ | 政治の話『軽減税率』など »

詩作「死んでしまえば」

キミが死んでしまえば

ボクは泣くだろうな

きっときっと

大粒の涙が溢れつづけるだろうな

だいたい、人が死ぬなんてことは、

どっか他人事にしておいてほしいし、

そりゃ、いつか死ぬのは常識だろうが

キミが死んでしまったら、

ボクは大泣きするだろう

そんなふうに、死んでしまったら辛い人が

何人いるのか、振り返れば、

この先、時間が過ぎるとともに、

そんな人は増え続けるのか

そうして、

ボクに未練という奴をよこす

この世の未練はますます増えて、

いつかボクを、ここから引きちぎる

ばっさりさっぱり、ちぎった後、

ぷいっとほたらかすんだろう

 

それでも

どこかにボクの片鱗が、

例えばあの公園の柔らかい土あたり、

ボクの足跡が残っていたりする、

そんな感じなのかな

 

2015.12.16

|

« 詩作「震えるボクら」 | トップページ | 政治の話『軽減税率』など »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/62879502

この記事へのトラックバック一覧です: 詩作「死んでしまえば」:

« 詩作「震えるボクら」 | トップページ | 政治の話『軽減税率』など »