« 書きたいことは、たくさんあった(ブログ、一気書き(^^♪)その2 | トップページ | 詩  『空を見ていた』 »

「小さな奇跡の日々」

「小さな奇跡の日々」

 

近頃、こんな楽しいことがあった。

言ってみれば、こういうのは毎日の砂漠の中に秘められた小さな宝石たち、

さしずめ、小さな奇跡たちといったところだろう。

晴れた日の昼下がり、ボクはアルプス通りを西から甲府駅方面へ走らせていた。
そして信号待ちで停車したとき、左側に大きなセダンが並んだ。

その時、ボクの車でなっていたのが、名盤の中の名曲、「Moritat」。

ボクはたいていの場合、iPodをシャッフル(ランダム再生)にしておくから、その男性と車同士が並ぶ瞬間にソニー・ロリンズがかかるのは、ホントウに偶然!

運転席の白髪の紳士がボクに何か手ぶりで訴えている。
そこで、音量をさ下げて、耳を傾けると、その紳士、こう言った。
「ロリンズなんて、珍しいね。」

 「いやあ、二十歳のころ友達に教えてもらったんですが、その頃は、分からなくて、でも今聞くといいですね! 最高です。」

「ボクも聞いたのは、二十歳かちょっと前ぐらいだったかな」
会話はそこまで。車が流れ出した。

左車線ながら、その男性の大きめのセダンはボクの前の方へ先に進んでいくので、ふとナンバーを覗くと、なんとなんと(笑)、『湘南』ナンバー。

山梨ナンバーの男性には、こんなおしゃれな人はいるか、いないか、
とにかく、『湘南』の文字は、ドラマの演出には最適だった。

よく晴れた日、あそこは52号線のバス通り(美術館通り)に差し掛かろうかというところだった。

ボクはしばらくの間、ホンワリと幸福感に包まれたままだった。

この奇跡。

小さいけど、たしかに奇跡。



 

|

« 書きたいことは、たくさんあった(ブログ、一気書き(^^♪)その2 | トップページ | 詩  『空を見ていた』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/61871070

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さな奇跡の日々」:

« 書きたいことは、たくさんあった(ブログ、一気書き(^^♪)その2 | トップページ | 詩  『空を見ていた』 »