« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年4月

書きたいことは、たくさんあった(ブログ、一気書き(^^♪)その2

【(続)サザンの桑田さんの歌い方】

とにかく、サザンが無性に聞きたくなった。そんなことが、ときどきある。
もちろん圧倒的な支持を集める桑田サウンド、これに魅力がないわけがない。
しかし、それ以上に、あのわけのわからん日本語が聞きたい。
しかし、ところどころ理解できる単語から推測すれば、それは恋の歌である。
ある時はみだらに。ある時にはロマンティックに。
そんなレンジの広い恋の描写は、まさしく生身の、リアルな恋に近い。だから、聞きたい。そんな自分の気持ちを思った時、桑田さんは、恋のリアリティーに近づくために、あんな発音をするんじゃないか、と思ったんだ。


【無造作に】

双葉町ラザの和食店、『暖家』でのこと。もう2週間くらい前かな、店内の張り紙に「ラザ・クーポンの提示で、お食事の方にもれなくミニアイスをプレゼント!」と書いてあるので、若い女性の店員さんに『ラザ・クーポンって、どこで手に入るんですか?』ときいてみた。
奥の方へ訊きに行った彼女、戻ってきて言うに、
『ここを出て右に行って、○○○という店の前あたりに、無造作に置いてあるそうです。』とおっしゃる。 ひさびさに『無造作』なんて単語を聞いた。
しかも、こんなシチュエイションで聞くとは思わなかった。 そしてクーポンは、見事に『無造作』に置いてあった。


【伝えようとしてはいけない】

これは以前書いたか、定かではない私の記憶だが、
谷川俊太郎さんの言葉である。
石和のスコレ-センターで、谷川さんの、詩作へのアドバイスを聞くことができた。 しかし、これはどうも腑に落ちない。
「詩を書くときには、伝えようとしてはいけない。」 おかしなことを言うな、と思った。
谷川さん自身の作、『死んだ男の残したものは』などから、ひしひしと感じるメッセージはどうなんだ?? などと思ったり。
しかし、それから何日もあと、ふと思いついた。 谷川さんは、こう言いたかったんじゃないか。 「とても強いメッセージを持った作品も、それは、完成して、そこで強いメッセージを放つにしても、詩作途中で、『この思い、伝われよ、伝われよ』と力んでみても、それは逆効果にしかならないだろう」と。
この解釈に保証は付けられぬが、ボクのモヤモヤだけは、すっとした。


【分かりあうよりは確かめ合うことだ】

これは、吉田拓郎の作品「人生を語らず」の中の一節である。
すんなりとはいかぬ人間関係、大事な人との、大事な関係を、大事にするには、たとえば、『わかりあうことよりは確かめ合うことだ』といことが必要なのではないか、拓郎は言う。

この一節は、この歌を聞いてから、のちのちまで、そして今もなお、ボクにとってのキーワードだ。
同じ拓郎ファンの人たちも、ここで立ち止まってくれてるだろうか。

「あいつは×××」な人だからと、確証もないのに決め付けて、それに頼って付き合い方を規制する。あるいは、なあなあに、穏便にかわしてゆく。
それよりも、あいつにぶち当たって、ほんとうに「×××」な人か、確かめてみろよ。
頭の中の理屈で答えを出してないで、あいつに言葉のパンチを投げかけてみろよ。
限りあるこの人生を、頭の中だけで清算しようとしないで、ほんとうのレスポンスを奪い取ってこいよ。ほんとうに人生を生きるために。
そう言っている。


最近、富に「オレは言いがかりが好きだから」などと卑下して言うが、きれいごとの常識の中で、ぬくぬくした関係にとどまりたくないだけだ。分かりあうよりは、確かめ合いたい。お前の『牙』も隠してくれるな。おれたち、どっちも死んで消えてゆくんだから。


【『歌の力』を忘れて】

日々、苦しみは絶えない。 ああ、やっとやり過ごした、と思っても、また新型インフルエンザのごとく、襲いかかってくる悩み、苦しみ。 かつて、歌うこと、ひいては苦しみを乗り越える力となる歌を作り、それを歌いあげてあげることが、苦しみを超える大きな力であることを知った。
しかし、そのことさえ忘れていたりする。苦しみにもがきながら。

そんな大事なことを、何で忘れる? それが歳をとるということか。
だから次世代に託してゆくのか。
すべての大事なことを、またちゃんと洗いなおして、また、明日役に立ちますように。
歌で、また生まれ変われますように。

【ギターパンダ】

もう一月も経つか、ギターパンダ桜座ライブ。
ボクのバイオリズムもタイミングがそうだったのか、心の奥まで響いてきた。

とりあえず、備忘録
『こんなボクにも好きな人がいる』
『休んでこいよ。そして優しさを、そのまま持ってこいよ』 題名もわからん。

ふたつとも。 でも、大事な、ボク自身へのエールとなった。
ありがとう。ギターパンダ。
彼の生きざまは、ボクにとっても、大きなヒントに見える。

《とりあえず》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試作

  

こんなにこじれた 君への道だが

同じ世界に今いると分かれば
同じ世界に今いると知るなら

こんなにそびえる きみの前の壁も

君がこの世に今いると分かれば
ボクも同じ世界に今いると知るなら

こんなに遠ざかった君の灯りも

同じ世界に住めばこそなら
同じ世界にあるとさえ分かれば

   その子リスのような小さなホホエミは
   その子リスのような小さく純真なタマシイ
   まさにそのまま まさにそのもの
   美しすぎるほど脆いその息吹を今は
   小さな木の実の堅い殻にくるんで
   じっと休めて そっと憩って


ただいておくれ ただいておくれ
ただ君のこの世にいることの
いとしきよ いとしさよ

君こそが
ボクをこの世に再び 引き寄せた


  2015.4.3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »