« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

”Close to You” by CARPENTERS の和訳

Close to You

鳥たちは どうして
空から 舞い降りるの
君のそばへと 行きたくて

星たちは どうして
空から 降ってきたいの
君のそばへと 焦がれて

君の生まれた日に 天使たちが集まって
夢を作ることに決めた
それは君の描く夢 必ず叶う夢

そんな訳なんだ 町中の男の子が
君のことばかり気にかけるのさ

********************

改めて思うのは、世の中には、何とたくさんの
素晴らしい歌があふれていることか。

しかし、感ずる心がなければ、どんな名作も輝きを持たない。
目を開けていても、何も見ていない、
耳があっても、何も聞こえていなかった、
などということは、日常茶飯事だ。
どんな絵も、詩も、物語も。

さすれば、どんな素敵な人も、風景も、
ぼくらは、きっときっと、多くを見逃しているだろう。

しかし、感ずる心とは、
目に力を入れたり、耳をそばだてたり、ということでなるものじゃあない。
また、日々は、感ずるばかりで過ごすわけにもいかず。
感じては、臨み、臨みて受ける。
それも健やかなればこそ。

たとえば、とても優れた大型コンピュータは、
自分の仕組みをいつも考えていたりしないんだからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »