«   「わたしの命・だれかの命」 | トップページ | 父のこと 詩人、共産党員、労働者 »

「謹賀新年」2014 年賀状より

     「現世」

スマホの中にボクはいない
ボクの記号だけが電波に乗って
キミの元へとすがるように届く
あるいはゲームにそそのかされて
自分のいない世界で遊ばされる
そう、 そこには自分がいない

宛てなき旅路だったはずの我が人生よ
吹きさらしの魂に身体(からだ)をまとって
さあ、この命どこへでも行くさ
そして、きっといずこもボクの世界だ
なぜなら、そこにボクがいるから

ボクはボクを見つけにいく
なぜなら、ボクとは、ボクと世界の関係だから
ボクは世界を見つけにいく
なぜなら、世界とは、世界とボクの関係だから

陽の光をしっかり浴びて
輝く粒を、この身にいっぱい染み込ませて、
大地にしっかり自分を乗せる
その重みをちゃんと意識して
そうやって今日も世界を確かめる
今日も世界を享受する

そんな風に、踏みしめ踏みしめ歩いてゆけば
きっときっと、あなたがそこで迎えてくれる


やあ、
よく生きたねえ、と


2014年 正月



  

|

«   「わたしの命・だれかの命」 | トップページ | 父のこと 詩人、共産党員、労働者 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/58872911

この記事へのトラックバック一覧です: 「謹賀新年」2014 年賀状より:

«   「わたしの命・だれかの命」 | トップページ | 父のこと 詩人、共産党員、労働者 »