« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

3月31日 Buddy 支援ライブ

さて、天気は、と言えば、「曇りのち雨」、降水確率50%ということらしい。
もちろん、今度の日曜日、石和足湯広場の支援ライブの日。
今年も演ります!「支援Live」
日時  3月31日 
    10時〜5時
場所  石和源泉足湯ひろば(山梨県笛吹市石和町川中島1607、ホテル八田隣
               ℡055-262-8131)
出演   下記URLでご確認くださ〜〜〜い。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~munya2-koon/20130331sienlive.htm

10:00〜Openning 
      「AKI&BSMSoulSisters」
10:30〜「風の中の風間」
★11:00〜「やじろべえ」
★11:20〜「小林 孝一」
★11:40〜「岩間 光一」
★12:00〜「返田 良」
★12:20〜「まなびん&はるみん」
★12:40〜「相原 愛紀」
13:00〜「ワイルド・ホース」
13:25〜「Pedicatrics」
13:55〜「Tail&Nose」
14:25〜「閑巣」
14:55〜「Cold Waters」
15:25〜「Barrel House」
15:55〜「ビートレス」
16:25〜「D.O.FUNK」
16:55〜Ending 
 (★はアコースティック、ほかはバンド) 

ところで、石和近くのとある飲食チェーン店。
彼は「研修中」と名札に書いてあった。
会計に1万円渡すと、彼、
「まず、小さい方から」
と言いながら、先に小銭を渡してくる。
これにはビックリ。思わず、
「えっ!この年まで、小さい方からなんて、初めてだよ!」
と、大声を出してしまった。

しかし、それは事実である。この54の歳になるまで、だれもが
「大きい方から」だった。
長生きはしてみるものだ。なんとも、感動的だった。

もちろん、31日も、感動!!!
乞うご期待!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブとは、生きてるという意味?

谷川俊太郎さん、
相変わらず、創作なされている様子。ご健在である。
当たり前である。生きているから。

むかし、才能は枯れるとか、詩は青春の文学だ、とか聞いたことがあるが、
今のところ、違うようだ。

父は、全く突然、前触れもなく死んでしまったのだが、その前の日の午後、
喫茶店で、二人で話をしたのである。

「お父ちゃんは、なんで谷川俊太郎みたいなものを書かなんだでえ」
「道が違うだ」

なんと愚問。返田満は返田満の詩を書くのである。

今週末、3月23日(土)、来夢にて、保坂バンドさん主催のライブで歌わせていただく。

3/23(土)
HeartWood Edge Vol.9


@来夢

19:00 Open / 19:30 Start
Charge ¥1000(1ドリンク付)


出演: Mira / HUSH / やじろべえ / そりたりょう / 保坂バンド

わたくし、8時すぎあたり。35分。
ソロで考えています。
保坂さん、お誘いありがとう。

ソリタリョウは、ソリタリョウの歌を歌うのだ。
当たり前なんだ。

●そして、3月31日(日)は、10時から5時まで、
石和足湯広場でチャリティーライブ。

ボクはソロで、昼ころの予定。
Poster2013
それから、4.14(日)午後の「第1回アコギ&フォーク・フェスタ」
@敷島総合市民会館
のポスターを担当させていただいた。
もちろん、ボクも出る。ソリタリーズでエントリー。
Photo
そして、5.18(土)の「第3回ビートルズ・フェスタ」。
こちらのポスターも作らせていただく。
ソリタリーズでエントリー。

「もう、歌いに来るな」というところ、
歌いませんか、というところ、
なんだかんだ、歌うところがなくなるということは、今のところなさそうだ。

晴れていれば、空の下で歌えばいい。
遥か彼方に向かって。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

3.11甲府駅前~3.16そそり合う夜~3.31チャリティー

みなさん、ごきげんいかが?
ボクは、ご機嫌だったり、不機嫌だったり、いい加減だったり、良い塩梅だったり。

あはは。みんな、そうか。

もうすぐ3月11日。もう2年になる。
しかし、復興は、まだだ。

まだだよ。
わかってるよね?

「その被害者、何万人」という、報道のセリフじゃ、
まるで心は揺れないが、
その想像力で、ひとりひとりの表情を思い浮かべて欲しい。

あの子は、あの人は、あいつは、
どんな心の表情で、思い起こしているか。
どんな環境の中で、歯を食いしばっているか。

ひとことで、何万人という。
それだけの数の顔は浮かんでこない。
だけど、たった、2、3人だって、
その顔を思い浮かべることができたら、
もう一度、ほんとうに「つながれる」。

音楽の大事な相棒、ユイちゃんの発案で、
3月11日(月)、日中、甲府駅前で歌うことになった。
晴天ならば、信玄公前、
雨天ならば、ペディストリアン・デッキ(甲府駅改札 2階北奥の広場)

有志は一緒に歌おう。あるいは聞きに来て。

さて、たぶん第3回目になる、「そそり合う会」@石和BUDDYは、3月16日(土)の夜。

誰も来なくても(笑)、加藤ますたーGとふたりでの、熱い夜が待っている(笑)。
50も過ぎて、今の自分が一番そそられる歌を、
なんのテライや縛りもなく、歌いあげるよ。

気になる人は、参加自由です。

そして、BUDDY主催、震災チャリティー・ライブ。
3月31日(日)。
午前10時すぎころから、日没近くまで。
石和 足湯広場にて。入場料1000円(諸経費・募金として)。

ボクは、およそ20分の持ち時間。
一生懸命、選曲を考えている。
20分で、何が伝わる?
伝えるさ。
ソリタリョウ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月31日(日)石和足湯広場。とりあえず、照準はここに!

3月31日(日)、日中、山梨県笛吹市 石和足湯広場にて、チャリティーライブ!

入場料、観客・出演者・スタッフとも、一律 ¥1、000。
諸経費以外、すべて被災地に寄付されます。

とりあえずは、ここに照準を合わせます。

「2013_buddy_charity.doc」をダウンロード

昼10時くらいから、演奏スタート。
前半、アコースティック組~後半バンド組へ。

ボクはもちろん、アコ組。

ボクのエールを受け取って欲しい。
そして、もっと どでかいエールをボクはいただく。

「2013_buddy_charity.doc」をダウンロード

エールの渦だ。

エール、交換!

響け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »