« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

ライブ情報など織り交ぜつつ

本日2月22日。「2」が並びましたね。

まあ、「2」という数字は、わりかし、思い入れのある数字だが、あまり多く並ぶのもどうかという感じ。ちなみに、2月11日が、ボクの誕生日。ついでに車のナンバーも「211」。

甲府駅前では、朝から富士山の着ぐるみ(!)などが現れて、「富士山の日」の宣伝活動らしい。
その旗にも「2月23日は富士山の日」と書いてある。
しかし、23日には一日早い。

この場合、「まだ一日早いですよ」と注意してやるのは親切だろうか、余計なお世話か。
20名くらいの人たちが、ビラ配りでもはじめるらしいが、これらの人々が、一斉に日付を勘違いするというのは、めずらしいんだろう。
もし、そうだとすれば、だが。

で、
本日2月22日(金)は、
カフェ・パストリアス(甲府市国玉 055-227-2260)『ロックナイト』
に出演予定。WATAさん主催。夜8時スタート、1D込¥1,500。

ボクは40分ほど歌う予定。ソロ。

24日(日)は、南アルプス市『来夢』(南アルプス市下今井 055-284-3139)で、アコギ倶楽部・ミーティング。今年の春は、こなき一也さんの尽力で、第1回の「フォーク・フェスタ」が開催される。
このミーティングに参加したい人は17時より、ステージは19時から。ゆるゆると、交代で歌いまする(たぶん)。

甲府駅南口のタリーズに居場所を見つけてから、一年足らず。テラスから眺めていると、タクシーの運転手さんたちこそ、自由な感じだ。
それは、通勤、通学でせかせか歩く人に比べて、客を待ちながら、車外に出て談笑したりしている姿が、あまりにも対照的だから。
なんと、休憩時間のようなその、のんびりした姿。
自由とは、こんなことだろうか。

名作「カッコーの巣の上で」で、地下か何かの散歩する広場で、患者たちがぐるぐると、同じ方向に円を描きながら歩くとき、ジャック・ニコラウスは、それに耐えられず、一人だけ逆方向に歩き出す。
あのイメージは、今も鮮明だ。自由でもなんでもいい。名称は、なんでもいい。
あんな感じに、すごく惹かれてしまう。

そして、迎えるは、もうすぐ、2年目の震災の日。

3月31日(日)には、石和BUDDY(笛吹市 市部05)主催のチャリティーライブに参加します。
石和の足湯広場にて。昼前ぐらいから日没くらいまで。
基本、無料だけど、募金などの志が欲しいっ! ですっ!

志を携えて、見に、聴きに来ませんか。
ボクは、渾身の力で歌います。

さらに、前後して、
3月23日(土)の夜は、石和BUDDY(055-262-2852)の『アコナイト』。(毎第3土曜)。
今回、BUDDYマスターと、ソリタの共同主催。

ボクは勝手に「そそり合う会」と呼んでいるが、
マスターは、どうか知らない。
だれか、「われこそ、そそるものなり」という人は、
ひと歌、お願いしますよ!

そうそう。
そちはどうじゃ??
ソチは、ソチを見るかい?

トリノの時は、「鳥のオリンピック」と、盛んに言うので、
そうかあ、鳥の競技って、どんなんかなあ、
と思っていたワタシではある。

今、作っている歌がたくさんあるんだ。
だんだん披露できると思います。

みんな、お互いに頑張ろう!!!

ソリタリョウ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »