« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

「ウツミさん」

ウツミさんと、仲間たちと、
楽しく飲んだよ
ウツミさん、
オレのおかあちゃんぐらいの年齢か
なんか、途中からおとなしく、ペースが遅くなって
おかしいと思ったら、
この前、酒の席で失敗したから、セーブしてると言う

「失敗したって、いいじゃないですか、
酒の席なんだから」
「でも、人に迷惑かけたから」
「誰だって、そうですよ。
案外、ウツミさんって、かわいいと思ったかもしれませんよ!」
「そんなことない。
目が見えないのに、酔っ払ってしまって、
申し訳なくて。」

しょうがないから、
急いでトイレにたって
歯を食いしばったんだ。
涙も出たから、ぶるぶるって顔を洗った
鏡に映る、自分の顔を見ながら思った。

へへへ
人間なんて
つまんねえもんだ
ウツミさんに、「申し訳ない」と思わせてきた世間も、
そう思ってしまうウツミさんも、
こんなことで、くよくよするオレも。

けどね、
ウツミさんは、
そんなに大した告白をしたわけじゃない
常識的なことなんだ


2010.6.19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ビートルズが教えてくれた」

みんなに連絡できていないけれど、facebookの方は、退会、というのか、アカウント停止しました。もう、検索したりできないし、友達リストにはありません。
アルバムなんかも、消えたかな?シェアしてた人は、すみません。写真を指定してもらえば、差し上げます。

ちょっとね。もともと、人付き合いが苦手だから、SNSも、苦手なのかな。

最近、ビートルズ好きの人との交流の中で、ビートルを和訳してみよう、ということにハマッテいる。
とくに、スタンダード。みんな知ってるけど、和訳のなさそうな奴。
相変わらず、自画自賛で、自分的には満足している(笑)。
それはともかく、この作業(和訳)が、なかなかおもしろい。

今のところ、以下の三作。

    昨日(Yesterday)

昨日  何事も なかった
なのに 今 どうして
昨日よ 戻れ

突然  訪れた 暗闇
僕 を覆い尽くす
昨日よ どこへ

どうして 君は 去っていったの
ただ昨日を 思い焦がれる

昨日 恋はゲームのように
楽しむだけのもの
昨日よ 戻れ

どうして 君は 去っていったの
ただ昨日を 思い焦がれる

昨日 恋はゲームのように
楽しむだけのもの
昨日よ 戻れ



  LET IT BE

心の闇にさまよう 私の前に 
マリア様が現れ 言うよ

思い悩まなくていい そのままでいい 
マリア様の言葉は Let it Be

なるがままに あるがままに
私にささやく Let it Be

引き裂かれた愛も よみがえる時が 
訪れるだろう Let it Be

恋に破れ 希望 見失うときも 
生き続けるよ Let it Be

なるがままに あるがままに  
答えとなるは Let it Be

なるがままに あるがままに  
私にささやく Let it Be

【間奏】

なるがままに あるがままに  
私にささやく Let it Be

雲の立ち込める 暗い夜空にも 
なお 輝きが見える Let it Be

聞こえ来るあのメロディーが 夜明けを告げる 
マリア様が言うよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
答えとなるよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
答えとなるよ Let it Be

なるがままに あるがままに 
私にささやくよ Let it Be



   「アクロス・ザ・ユニバース」

言葉あふれて 止まぬ雨のしずく
流れ 滑り行く 宇宙の向こうへ
悲しみ 喜び いつもこのボクの
こころ彩るよ

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を
変えるものはない
ボクの世界は
決して変わらない

光たちのダンス 百万の瞳
ボクを呼び続ける 宇宙の向こうへ

心に浮かぶ ボクの思いたちが
休みなく行き交う 宇宙を越えて

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を
変えるものはない
ボクの世界は
決して変わらない

笑い声 命の影 この景色に鳴り響いて
力強く誘う
尽きない愛は 輝き続けて
いつもボクを呼ぶよ 宇宙を越えて

Jai Guru De Va Om
ボクの世界を変えるものはない
ボクの世界は決して変わらない

Jai Guru De Va Om
Jai Guru De Va Om
Jai Guru De Va Om



これらは、世間にはどれほどの価値があるか知らないが、
ぼくにとっては、重要な軌跡である。

そして、明らかに、他人との出会いによって生まれた。

何かに出会わなければ、何も生まれないのだろう。

だけど、「出会いが、出会いが、  」

なんて唱えてると、昨今の「つながる症候群」ではないが、
言葉が形骸化してしまう。

ただ、ひとつの実体験として記す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »