« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 愛し方の問題 »

「自立」と「孤独」

まあ、嫌いなやつとは付き合いたくない、ということと、自分を磨くために独りになる、ということは違いますな(笑)

武田鉄也の「スタートライン」は、人のぬくもりを、とてもいとおしく思いながら、一人を選んでいくという、厳しい歌だ。

それに対して、人付き合いがうんざりで、一人になりたい、というのは違う。

しかし、いずれにしても、べたべたの期待感や、依存心が悪循環を生む、ということは共通している。

さて、長野の栂池(つがいけ)高原は、前から行きたいと思っていた。8月の14日、15日、初めていくことができた。

自然が癒してくれる、という感情は、若いころはあまりなかった。ぼくらは年をとり、また土に返りつつある途上。だから、自然が恋しいのかもしれない、と思ったりする。

P81405738月14日。お盆の最中ではあったが、長野の白馬へ向かう。栂池高原ハイキングの前泊のため。途中、とてもきれいなラベンダーが咲いているので、見ていくことにしたら、「いわさきちひろ美術館」だった。

そのほか、現代彫刻家の萩原碌山(ろくさん)の美術館にも寄った。碌山の「デスペア」という作品が心に残った。「デスペア」とは「絶望」の意味。悲しみに伏せる女性の像である。

P8150641 栂池高原は、なかなか混雑していた。あまりゆっくりする時間はなかったが、川岸でお弁当を食べたりして、楽しかった。小さな図鑑なども用意していったのだが、覚えている花の名前はほとんどない(笑)

P8150656 15日。これは帰り道、安曇野のカフェ。

|

« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 愛し方の問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/52728886

この記事へのトラックバック一覧です: 「自立」と「孤独」:

« 永遠の嘘をついてくれ | トップページ | 愛し方の問題 »