« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

「おひさま」満島ひかり

NHK朝のドラマ「おひさま」では、太平洋戦争の要素を一通りやってしまった。
●家族の徴兵
●銃後の戦い
●疎開する子供
●食糧難
●空襲
●戦死
●原爆
そして、戦争の話ではなく、人々の生活の話に仕上がっている。
こんなに響く反戦の話は見たことがない。でも、作者にすれば、「反戦」などというと、がっかりするかもしれない。「反戦」ではないのに、「戦争の悲惨」が見事に表現されているというべきか。

「おひさま」の中で、かなり光彩を放っているのが、イクコを演じる『満島ひかり』である。
それが数日前、午後1時5分からのNHKの「スタジオパークからこんにちは」に出ていた。
イクコそのままに、はじける子だった。代表作、映画「愛のむき出し」は4時間の大作だそうで、海外でも評判を得たらしい。
●彼女の「スタジオパーク」で面白かったのが、「反復横とび」だ。彼女、悩み事があるときは、ある程度悩んだ末、ふと、悩むことに飽きてくる。そして、畳のヘリを使って、なんとも自由に「反復横とび」を始めるという。ひょい、ひょい、と飛ぶうちに、悩み事はすっ飛んでしまうらしい。
ふつうは、インタビュアーの方から、「どんな風にやるんですかぁ?」などと振られてから、やってみせることもあるだろうが、なんと彼女、求められもしないのに、立ち上がって、自らその「反復横とび」をやってみせるのである。
●そして、もうひとつ。彼女の女優としての考え。
「演じるということは、生命力を見せること」、彼女は言う。
すべての表現は、そうなのではないか。
そして、その言葉のとおり、彼女のオーラは生命力で満ちているように見える。それが、ドラマ「おひさま」でも、光彩を放つ原因だと思う。

ぼくの生命力は、どれほどだろう。

【7月のライブ予定】

●●白州こだまの森アートフェスティバル
  @尾白の森 名水公園べるが
  (公園入場料200円)
7月2日(土)
  16:00~ Nocturnal Siren
  17:00~ 三枝あゆみ&カズヤッチ
  18:00~ Sheep Controller
7月3日(日)
  10:00~ ドンシャカ・ピーポー
  11:00~ ソリイサ(ソリタリョウ&宮澤イサム)
  12:00~ ソレイユ
  13:00~ もえ&ごうwithちはるトリオ

●●7月16日(土)
  石和BUDDY 小林孝一企画
  1000円+オーダー

  リョウ&ジュン(ソリタリョウ&ジュン)
  西森さん
  小林孝一

●●7月19日(日)
  カフェ・パストリアス
  第3日曜日 恒例
  「アコナイト」
  1000円+オーダー

  ソリタリョウ
  ほか出演者未定

ひとつひとつ

やり直しの効かないライブ

一期一会

全力で

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたはわたしの宝物!

NHK朝のドラマ「おひさま」は面白い。とても楽しめる。まさか「おひさま」という題で、こんなに『反戦』を語るとは。主人公の「陽子」は「お日様のような子になるように」太陽の陽と名づけられた。それこそが柱なのだが、世間は戦争である。『反戦』を語るのは難しい。だけど、この番組は、なんと見事な語り口だろう。「戦争」の方ではなく、「人間」の方に目線があるからだ。

それはそれとして、同じくNHK、午後1時のニュースのあとのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」、今日のゲストは「勝俣州和」。素敵な話を聞いてしまった。
●自分の芸に行き詰ったとき、欽ちゃんに相談に行った。そのときに欽ちゃんが言ったのは、「芸を磨いたところで、芸というのはいずれ行き詰る。それより人間を磨きなさい。冷たい人の笑いというのは、人を傷つける笑いだ。優しい人の笑いがみんなを温かくする。芸を磨くより、人間を磨きなさい。芸は磨いても行き詰るが、人間はいくら磨いても、磨きすぎるということはない。」
ぼくも遅くないと思ったんだよ。
●勝俣氏はディズニーの「ピノキオ」が好きで、その主題歌「星に願いを」そのまま、ずっと、寝る前に「星に祈る」そうだ。今日の出来事、そして、明日良い事がありますように、と。そして今では、家族みんなでそうしているそうだ。
それは、子供っぽいロマンティストのようだが、なんとも、純粋。彼のパワーは、キットそんなところから生まれている。
●そしてこの話。勝俣氏には7歳の女の子と2歳の男の子がいるそうだが、このまえ、女の子の方と親子ゲンカをした。「はやく、やることをやりなさい。」と叱ると、彼女は「今やろうとしたのに、何で言うの!」というから、彼が「そういう言い方はないだろう!」と言うと、「お父さんだって、怒るときはそういう言い方するでしょう!」と言い返すので、「お前は、いったいお父さんのことを何だと思っているんだ!」と詰問すると、彼女が「お父さんは、私の宝物!」と言うので、面食らって彼も「お前だって、お父さんの宝物だよ!」。そういって泣きながら抱き合ったそうだ。
ケンカの最中に、こんな事言えるか???もちろん、もらい泣き(笑い)

そんなこんなで、日曜日の覚書。
●ハーパーズミル「髭とカルメン」
ソリタリョウ セットリスト
◆ひとり
◆スモーキン’ブルー
◆ひかりのエール

●三枝夫妻のチャリティーライブ@元麻布ギャラリーをはさんで、

●アコナイト第79回「素敵な面々 麺と梅雨」スペシャル
ソリタリョウ セットリスト
◆ひとり
◆20世紀からやってきた
◆満天の星(with ぺこ屋さん、イサム君、あきとさん)
◆スモーキン’ブルー(同上)
◆夕陽と風の風景

三箇所連続で、今月もぐったり(笑)

明日は糖尿病の検診。
と言うか、書いてる間にもう今日だ。

ライブ参加のみなさん、企画のみなさん、お客さん、ありがとう。

ぼくは人間を磨くよ(笑)
この歳だが(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やさしい時間」から「ありふれた奇跡」へ

ジュンと二人、このところテレビドラマ漬け。

TSUTAYAでは、古いDVDは、今、一週間100円だ。
でも、映画より、テレビドラマが断然面白い気がする。

「断然」と「気がする」は、一緒に使っていいのだろうか(笑)

「やさしい時間」は、倉本聡・脚本。
北海道の父と息子の物語。
陶芸の修行に、クリスマスの夜も関係なく、一心不乱に打ち込む青年の姿が印象的だった。

つづけて、今日、見終わったのが「ありふれた奇跡」山田太一・脚本。
障害は越えていけるという、おじいちゃんの言葉は、なんとありふれた言葉だが、胸に迫ってきた。

有名な脚本家たち。
さすがにみんないい仕事をしている。

比べるのもおこがましい限りだが、
ぼくも良いライブをしたい。

●6月19日(日)夜8時30分

第三日曜日恒例「アコナイト」
@カフェ・パストリアス(甲府市国玉)
      
【出演】(順不同)
★「Ulwet」(ゆるっと。ギター&パーカッション)
★早川麻衣果(ピアノ弾き語り ☆初出演☆)
★詩音&朱鷺(ピアノ弾き語り&ベース)
★ピーチボーイズ(フォークデュオ CD絶賛発売中)
★そりたりょう
☆ROKU(出演未定)

1ドリンク込み1,500円。

 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BS・CSアンテナを取り付けたよ

一応、地デジ対応テレビをCATVにつないで、地デジは見られていたんだけど、BSはどうしようかな、と思っていました。

CATVでSTBという機械を購入するか、
アンテナを取り付けるか。

STBは2万3千円くらいするらしい。
一方、BSアンテナは、コジマなんかで聞くと、
取り付け料込みで、やっぱり2万位するらしい。

と思って、ネットを検索してみると、
「BSアンテナ 設置」のキーワードで、次のサイトがヒット。
http://hivision.f-tools.net/BS_CS/Installation-Antenna.html

これを見ると、意外に簡単に自分で取り付けられるらしい。
しかもネットで取り寄せると5,000円ちょっと。

なんと、2万円とは雲泥の差。

結局、種類を選ぶのも面倒なので、
上記のサイトの品物を5,000円ちょっとで取り寄せ。

さっそく設置してみた。
ちゃんと出来た(^^)。

取り付けてみると、BSもCSもいっぱい映る(^^)
WOWWOWも映るみたい。

大成功&大満足でした。

さて、次はぐっとアナログに、
網戸の張替えに挑戦である。
ぺこ屋さんのアドバイスも受け、
頭の中ではもう手順は暗記している(笑)
生まれて初めての、網戸張替えである(笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »