« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

「ひかりのエール」

文末の音源は「星の語り部」の仲間たちと
公園で花見をしながら歌ったものです。

被災者、支援する人、すべての人の応援歌になればいいな。

    「ひかりのエール」

1 生きてゆく ことはなぜ
  いつも たやすくないのだろう
  たどり着く しあわせは
  きっと 辛苦の果てだろう

    君が 君で あるために
    やるべきことがある

  ぼくらの 振り絞る想いを
  熱いたぎりを
  あの星へ 届けて

  はるかな 君の元へと
  降り注ぐ光の
  エールとなれ

2 信じてる 信じてる
  いつも 希望がそばにある
  そのことを 忘れない
  それが 命の営みさ

    君が 君で あるために
    行くべき場所がある

  ぼくらの 振り絞る想いを
  熱いたぎりを
  あの星へ 届けて

  はるかな 君の元へと
  降り注ぐ光の
  エールとなれ

3 ぼくらの 振り絞る想いを
  熱いたぎりを
  あの星へ 届けて

  はるかな 君の元へと
  降り注ぐ光の
  エールとなれ

  らららら ららら らららら
  ららら らららら
  ら らららら らららら
  らららら ららら らららら
  ららら らららら
  ら らららら

音源(PCのみ)
http://sorita.art.coocan.jp/kataribe/hikarinoyell.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の町工場がNASAから受注する話

4月23日(土)

音楽仲間のいとうあゆみさんのアメブロの情報で、
山梨県立文学館へ、講演を聞きに行ってきた。

植松 努さん『思うは招く』

この人は
「NASAより宇宙に近い町工場」
という本を書いた人だ。

実際に、北海道の片田舎で町工場を経営なされて、
NASAから注文を受けるほどのロケットを製作したりする。

「いい学校へ行って、いい会社に入る」
という『幻想』が、いまだにはびこっている現代、
自動車の企業へ集まる人にほとんど自動車が好きな人が集まらなくなったという悲劇、
言われた事だけやっていれば良いという固定観念、
時代の閉塞感は、ここからも来てはいないか。

仕事とは我慢するものか
仕事とは人の役に立つことか
さて、どちら?

聞いたことのある正論である。

でも、実践してきた人だから、説得力がある。

「いい学校へ行って、いい会社に入る」
という図式。

これはなかなか消えないだろう。

でも、植松さんの話に、確かに勇気をもらった。

よりよく、より正しく、よりたかく
それがやっぱり、すがすがしいじゃないか。

この日の夜は「風林歌山」に参加。

   セットリスト
●Everybody got something to hide except for me and my monkey
●For you blue
●I saw her standing there
●Don't let me down
(以上ビートルズ)
●ひかりのエール(震災応援歌・オリジナル)

5月14日、敷島総合文化会館のビートルズフェスタに向け、
ちょっと歌ってみた。

まだまだ(笑)

練習しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回 ビートルズフェスタ in 山梨

わたぼーさん主催により、第一回ビートルズフェスタが行なわれる。

これに ソリタ&イサム として参加。
入場無料なので、ぜひ楽しんでください。

<ビートルズ・フェスタ>
 2011年 5月 14日(土)
 たっぷり6時間 11バンドの競演
<開場> 13時
<開演> 13時30分~19時 終了予定
         (出入り自由・入場無料です)
<場所> 山梨県甲斐市
     敷島総合文化会館 大ホール
出演順

【司会】望月 清美

 Opening Ceremony 

1  求カノJAPAN    13:30~13:50
2 モンゴロイズ    14:00~14:15 
3 ソリタ&イサム   14:25~14:45         
4 chama              14:55~15:20
5 Three  bits    15:30~15:55
6 Song  Remains by 詩音 16:05~16:25
 
 休憩  Rest

7 こなきアンドその一味 16:40~17:00
8 マイルス・トーン   17:00~17:20
9 beaTfuls       17:30~17:55
10 かぶと虫       18:05~18:25
11  beaTless      18:35~19:00     

  Closing Ceremony     

<連絡先>080-5173-5001 ビートレス事務局
   Mail:  thebeatles@yellow.plala.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のセットリスト

●4月16日(土)石和BUDDY

小林孝一 まなびん ライブ

に飛び入り。

ほかに矢野大二郎君も飛び入り。

ソリタリョウ・曲目
   20世紀からやってきた
   夕陽と風の風景

「矢野大二郎」くん。アコギのインスト。
ワールドワイドなジャンル。
とっても自由。
もちろんギターという制限はあるのだが。
ぼくよりずっと自由に音楽を楽しんでいる。
20歳そこそこの青年。

「まなびん」のステージは久々に見た。
彼のロマンティックな世界は健在だった。
そうやって、彼の人生は過ぎてゆくのだな、と思った。

「小林孝一」
『握手をしよう』という歌があるのだが、その中の歌詞に
【ああ 俺 今 ふるえてる】
というのがあるのだが、
こちらもどぎまぎしてしまう(笑)

●恒例第三日曜日 アコナイト@カフェ・パストリアス

出演(順)

  ソリタリョウ
  ROKU
  牧本龍郎
  ピーチボーイズ

ソリタリョウ・曲目
   ひかりのエール
   何かいいことありそうな
   夕陽と風の風景
   20世紀からやってきた
   歯をみがこう(アンコール)

「ROKU」さん
『You’ve got a friend』よかった。
名曲というのは普遍だな。
そして、歌う人によって、いろんな色付けがされる。

「牧本龍郎」
楽しんでる感じがいいな。
もっともっと飛躍して行ってほしい。

「ピーチボーイズ」
完成度が高い。
ひとつの世界がここにある。

ぼくはどうだろう。
ソリタ節などと言ってくれる人もいるが、
ぼくの世界にたどり着きたい。

いつも、いつでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小林孝一【第二回】カフェ巡りライブ

音楽仲間の小林孝一は、今年から『カフェ巡りライブ』というのをやっている。

あちこちのカフェをめぐりながら、ライブをしようという企画。

第一回は、2月に「いとうあゆみ」をゲストに迎え、しめやかに行なわれたが、

第二回のゲストに「ソリタリョウ」を呼んでくれた。

5月21日の午後のひと時、昭和町の静かなカフェ、
カフェ・ド・セラヴィ
にて。
全席予約で数に限りがあります。
お早めにご予約ください。

このころは、カフェの庭にバラがたくさん咲くそうだ。

そんな場所で、ソリタリョウは、どんなステージを見せるか?
乞うご期待!!




  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.10来夢チャリティーライブを振り返る

さる4月10日、
南アルプス市の来夢にて、マスター主催のチャリティーライブが行なわれた。

午後2時から9時過ぎまで、
ジャンル豊かな音が鳴り響き続けた。

● 出演

・Ten-second
・ピヨピヨクラブ
・岩下
・でるも倶楽部
・ソレイユ
・55
・チトマリ
・ビートレス
・Magical Market
・Milestone&こなき&Moro
・セカンド・バイト
・林
・枯山スリー
・JJ
・Naked Blues Band
・保坂バンド


ぼくは『枯山スリー』として参加。
ソリタ+イサム+ROKU
のユニットである。


20110410
Img_0484



【セットリスト】

1.世界は君の心じゃない
2.気持ちイイ歌
3.ドゥニヤマ(アフリカン)
4.僕はずっと僕だった


やっぱり、いいぜ!『枯山スリー』!


それはともかく(笑)
たくさんのバンド、たくさんの観客が集まり、
募金も目標額を超えたそうだ。
るかさん、保坂さん、マスター
そのほかのみなさん、
ありがとう&おつかれさま!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5.14 ビートルズ・フェスタに向けて

5月14日(日)午後1時半から午後七時半まで
わたぼーさん主催の『第一回ビートルズ・フェスタ』が行なわれる。

ぼくもユニットで4曲ぐらい歌ってくるが、
なんとビートルズとその関連ばかり、12バンド。

出演バンド、出演順などはまた後日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本を読んだ。

泉谷しげる・加奈崎芳太郎「ぼくの好きなキヨシロー」。

191ページ
「あいつは優れたヴォーカリストだけど、人間としてぜんぜん完璧なんかじゃないし、キヨシのなかにもダサイ部分やだらしないところだってある。それが人間だ。だから曲を作るんだ。ミュージシャンってのは音楽がないとコミュニケーションがうまく出来ないから、だから曲を作ったりギター弾いたり歌ったりしているんだ。」

備忘録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »