« レコ発の、その先へ。 | トップページ | メールで応援、たのんます! »

拓郎の顛末(8)

「拓郎は自由だね」と、南こうせつが言ったらしい。

「音楽やめろ」とか
そのほかの「ミュージックトライアウト」の
めちゃくちゃな言い草も、

拓郎特有の「放言」だろう。

南こうせつに同感である。

拓郎は自由だ。

そういえば、ずっとまえの深夜1時からのオールナイトニッポン
で、『ペニーレインでバーボンを』が
他のシングルに比べて売れていないからと言って、
CBSソニーの社長の実名を挙げ、
「社長の責任だ。なんとかしろ。」とのたまわっていた。

ある意味痛快である。

「拓郎は自由だ」と言った、こうせつの話を聞いて
拓郎は「お前はそんなに不自由なのか」と言っていた。

そのままぼくに返ってきそうな言葉。

ぼくはいつからこんなに不自由になったんだろう。

拓郎もぼくもいつか死んでゆく。

同じ時代に生きているなら、生きているうちに
拓郎に聞いてほしい。

そんな夢をかなえてくれた「ミュージックトライアウト」だった。

 【ほんのもう少し続く】

 

|

« レコ発の、その先へ。 | トップページ | メールで応援、たのんます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/50917926

この記事へのトラックバック一覧です: 拓郎の顛末(8):

« レコ発の、その先へ。 | トップページ | メールで応援、たのんます! »