« 中国人が見た日韓戦 | トップページ | 拓郎の顛末(3) »

拓郎の顛末(2)

それで
坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD
のコーナー「ミュージックトライアウト」の
栄えある第一回の第一曲目に
わが「夢見るオヤジのブルース」が取り上げられたわけだが、

拓郎のツボにはまってしまったらしい。

その歌詞『頭の中は花畑』に、拓郎大うけ。

「音楽的にはゼロなんだが」(!!!!)
のコメントもありつつ、
拓郎、大喜び(これホント)

それから、毎回のように、
「ソリタリョウの花畑と比べて‥」などと発言。

ぼくは幸せに浸っていたのである(笑)

ところで、この「頭の中は花畑」の発端は
カフェパストリアス、アコナイトのぺこ屋さんの発言にある。
ぼくを、こう言ってよく紹介してくれたものだ(笑)

「夢は現実的に見なければならない」
というやつらに対してのアンチテーゼでもあった。

「夢見るオヤジのブルース」は
そんな思いがつまっていた。

ただの受け狙いでは、もちろん、ないのだったが。

|

« 中国人が見た日韓戦 | トップページ | 拓郎の顛末(3) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516552/50704634

この記事へのトラックバック一覧です: 拓郎の顛末(2):

« 中国人が見た日韓戦 | トップページ | 拓郎の顛末(3) »